薬用アットベリージェルは妊娠中にも使える?

薬用アットベリージェルは妊娠中にも使える?

 

妊娠中は、お腹が大きくなるだけじゃなく・風邪を引いたような感覚(熱っぽさやだるさなど)・乳房が張るような感覚やチクチクとした苦痛・食べ物や飲み物の味が変わったような感覚がある・つわりによって吐き気や食欲が無くなるなど、肌も含めて体に数々の変化が起こります。

 

そんなデリケートな時に、本当にアットベリーを使っていいんでしょうか?

 

正直に言うと…妊娠中にアットベリージェルを使用するのはおすすめしません!

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れて肌が荒れる

 

妊娠中は2種類のホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大きく崩れやすくなります。

 

すると、

 

  • 皮脂が異常に増えてしまったり
  • 毛穴が広がったり
  • 角質が厚くなったり
  • いままでなかった黒ずみが突然出てきたり

 

など、スキンケアをする・しないにしても肌は荒れやすくなります。

 

優秀な化粧品が使えなくなるほど肌がデリケートになるので、妊娠中は、いままで問題なしだった化粧品(オーガニック系でも)がダメになる事があります。

 

使ってみたらヒリヒリするとか、かゆみが止まらなくなるなどの症状ですね。

 

他にも、化粧品に配合される防腐剤や漂白剤などの効果で肌荒れを引き起こしやすくなるんですが、

 

胎児にも悪効果が出るかもしれないところが怖いところ…

 

妊娠中は化粧品そのものを使用するのを避けたほうが無難です。

 

妊娠中に「いままでなかったのに、突然黒ずみが…!」という事がありますが、普通は出産後数か月すれば自然と回復していく場合が多いです。

 

妊娠中に無理に黒ずみケアをしても治るどころか悪化する事もあるので、無理になんとかしようとせず自然に任せたほうが良いですよ!

 

知恵袋でも、気になって質問している方は多いですが、普通は時間が改善してくれます。

 

ただ、そこまでしても妊娠中にアットベリージェルを使いたい時は自己責任になりますが、パッチテスト(二の腕に10円玉大きさに薄く塗って24時間放置)をして、とくにかゆみやヒリヒリなど起きなければしばらく使用する流れが良いかと思います。

 

最悪でも返金保証はあるので、商品代は取り戻せます。

 

 

page top