薬用アットベリージェルでちくびの黒ずみを改善できる!?

薬用アットベリージェルでちくびの黒ずみを改善できる!?

 

ブラジャーの擦れがちくびの黒ずみの原因と言われていますが、特に化学繊維が良くないようです。

 

デリケートゾーンでも使用されている化学繊維のナプキンから100%コットンナプキンに替えただけで黒ずみが改善したという人もいます。

 

正しいサイズとコットン100%ブラジャーを試してみましょう!

 

ホルモンバランスの乱れも、ちくびが黒ずむ大きな原因の一つです。

 

特に妊娠中・出産後のちくびの黒ずみが当てはまります。

 

妊娠していないのに、突然ちくびが黒くなってきたという方は、ホルモンバランスの乱れが疑わしいです。

 

程よく運動がストレス・ホルモンバランスの乱れの改善に有効です。

 

ちくびの黒ずみに有効な成分は?

 

ちくびの黒ずみに有効と言われている成分は大抵4つあります。

 

それぞれについて紹介します!

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、黒ずみの美白効果が高いと言われている成分です。

 

ハイドロキノンの美白クリームは、わりと短期間で美白効果を実感できる反面以下のようなマイナス点があります。

 

・副作用として稀に白斑ができる事がある。

 

・紫外線にあたると褐変する

 

・刺激がある程度強い為に皮膚が荒れてしまい逆に黒ずんでしまう

 

ハイドロキノンは顔などに使われますが、ちくびの皮膚はデリケートなのでおすすめできません。

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体も美白効果があると言われている成分です。

 

即効性があるというメリットの反面、成分の安定性が低い点や生成が困難で費用が高くなりがちというデメリットがあります。

 

トラネキサム酸

 

肝斑やシミ対策の飲み薬として使用される成分で人工アミノ酸です。

 

刺激性が低く近頃良く美白化粧品に使われますが、高濃度でないと効果が期待できない(トラネキサム酸の塗り薬は医薬部外品の為高濃度配合が出来ない)というコメントや経皮吸収されるかという点において疑問があるようです。

 

プラセンタ

 

プラセンタの効能は色々な事で知られ、経口、注射、美容液など色々な使用法があり安全性も高い成分です。

 

新陳代謝アップ(ターンオーバー促進)効果があります。

 

刺激性が、ほとんど無い代わりに効果も緩やかです。

 

敏感なところ(ちくびやデリケートゾーン)にはおすすめの成分です!

 

アットベリーに使用されている主要美白成分はプラセンタです。

 

アットベリーは、敏感肌の方にも使えるよう、肌に優しい成分だけで美白効果が最大限に出るよう配合されています。

 

 

page top